夫婦

痛風は食生活で予防する|バランスのとれた食事を心掛ける

中性脂肪を減少させる

栄養補助食品

DHAは魚に多く含まれる栄養素です。青魚に特に多く含まれています。人間には欠かせない脂肪酸のひとつなのです。中性脂肪を減少させる効果もあるので、高血圧の方や血管を健康に保ちたい方におすすめです。

詳しく見る

抗菌作用で健康を守る

サプリメント

乳酸菌には抗菌作用があります。発がん性物質にも効果があるのです。整腸効果があるので便秘や下痢などを治す効果もあるので助かります。ヨーグルトやサプリメントなどで気軽に摂取することができます。

詳しく見る

尿酸値を上げない食生活

足

食生活が原因の病気は様々です。その中でもよく耳にする病気のひとつが痛風です。痛風とはどのような病気なのか知っておくと良いでしょう。知ることで対策や予防をすることができます。痛風は肉などのタンパク質や脂質を多く摂取するとかかるといわれています。脂質やタンパク質には尿酸の数値をあげる働きがあるのです。痛風の原因は血液中の尿酸が結晶状になって痛みを招く病気です。尿酸を作る要素はプリン体とよばれるもので、食事などによって過剰に摂取すると尿酸を作ってしまうのです。正常な体ならば、尿酸を体外に尿として排出することができるのですが、そのバランスを保つことができなくなると体内に結晶になった尿酸が残ってしまいます。結晶状の尿酸は体外に排出することが難しく、体の末端へと溜まってしまいます。親指の付け根などに針のように尖った乳酸の結晶が刺激を与え、痛みを生むのです。痛風は一度患ってしまうと完治は難しい病気です。予防を徹底し、再発しないようにするしかありません。痛みを抑える薬や、尿酸値を下げる薬がありますが一時的なものです。痛風はプリン体を過剰に摂取しないように予防するのが一番効果的になってきます。痛風は怖い病気です。放っておくと慢性的な関節炎を引き起こします。痛風にならないように、普段の生活の中から予防していきましょう。プリン体を多く含む食べ物を取らない、排尿をしっかりすることを心掛けるなどが痛風の予防に繋がるといえます。

体内バランスの乱れが原因

足

冷え症はホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れが原因といわれています。ホルモンバランスをしっかりと保ち自律神経の乱れを改善し、ストレスを感じない生活を心掛けましょう。

詳しく見る